水虫治療にはニゾラールクリームが効果的

足がムズムズしてかゆくなったり、皮がめくれてぼろぼろになったり、指の間が切れてきたりして不快な水虫ですが、これは白癬菌というカビの一種の菌が原因です。
その水虫に効果的な薬があります。
抗真菌薬と言われるものです。
現在、イミダゾール系の表在性抗真菌薬が多く使われています。
その中でも高い抗真菌活性があり、角質親和性が高く皮膚貯留性が高いのがケトコナゾールを主成分としたニゾラールクリーム・ニゾラールローションです。
ケトコナゾールは人と真菌の細胞膜の違いを利用して、真菌の細胞膜の合成を阻害して、真菌が増殖するのを抑えます。
それによって抗真菌作用をあらわします。
水虫の原因菌である白癬菌に対しても効果を発揮しますが、同じ真菌の仲間でカンジダ菌・マラセチアに対しても抜群の効果があります。
そのため、白癬菌だけでなく同じカビの仲間が皮膚に混在している場合にかなり有効だといえます。

他にも同じく表在性抗真菌薬のイミダゾール系のものでクロトリマゾール、ビホナゾール、ルリコナゾールなどがあります。
クロトリマゾールはもっとも古く長く使われてきた薬ですが、高真菌力がケトコナゾールに比べるとやや劣ります。
ビホナゾールは発売当初は注目を集めた薬ですが、のちに開発されたケトコナゾールに薬効面で追い越されてしまいました。
ルリコナゾールにおいても抗真菌効果がやや低いことが分かっています。
他にもいくつかの薬がありますが、抗真菌活性に関しては少し効果が落ちるでしょう。
そのため、現在ではニゾラールクリームの使用がかなり多くなっているのです。

ケトコナゾールを処方される場合、通常はニゾラールクリームを処方されることが多いです。
クリームとローションを比べると菌に対する有効性がクリームの方が高いからです。
クリームの方が皮膚への吸収率が高く、皮膚の保護効果・保湿効果がある程度あるからです。
それに対してローションは吸収率が落ちるのと、皮膚への貯留がクリームに比べて短くなります。

ニゾラールクリームは1日1回の使用で効果を発揮します。
角質が柔らかくなっているお風呂の後に使うとより効果的です。
患部の炎症が強くなければ、しっかりと角質に浸透するように刷り込むように塗布してください。

ニゾラールクリームは皮膚への刺激が比較的少ないのが特徴です。
まれに接触皮膚炎、そう痒、使用部位発赤、皮膚剥脱、紅斑、びらんなどがあります。
このような症状があらわれたら使用を中止して医師・薬剤師に相談してください。

■ニゾラールクリームの購入はこちらから
水虫の白癬菌を死滅させるならニゾラールクリーム最適
■ケトコナゾールの購入はこちらから
ケトコナゾール